清潔さのメリット

待機部屋には集団待機と個室待機がありますが、女性にとってストレスの少ない個室待機が人気です。そのため、個室待機であればオールOKのように思えますが、そのようなことはありません、ほかにも注意すべきポイントがあるのです。

最も重要なポイントはタバコです。現在は日本人の健康意識が向上したことにより、禁煙の環境が増加しました。しかし、デリヘルの待機部屋では未だに喫煙可能という場合が多いのです。自分が喫煙者であれば問題ありませんが、タバコを吸わない女性にとっては非常に耐えがたい環境でしょう。服や髪にもタバコのニオイが染み付いてしまいます。お客さんとのプレイはラブホテルという密室で行われるため、お客さんがタバコのニオイを気にすることもあります。タバコのニオイを嫌う男性も多いため、指名を稼ぐことができないといった問題に発展することもあるのです。

もちろん、消臭スプレーなどである程度ニオイを消すことはできますが、それにも限界はあります。さらに、夫や彼氏に内緒でデリヘルアルバイトをしている女性は、タバコのニオイがきっかけでバレてしまうこともあるでしょう。現在は分煙されている待機部屋もあるため、求人を探す際は分煙ができている風俗店かどうかについても確認しておきましょう。

個室待機所について

デリヘルは無店舗型ヘルスのため、指名が入るまで女性は待機部屋と呼ばれる部屋で待つことになります。そのため、どのデリヘルも待機部屋を用意していますが、現在主流となっているのは個室待機です。集団待機では大きな部屋で出勤している女性のすべてが待機しているため、どうしても周囲の女性に気を遣わなければなりません。さらに、女性の集団ではどうしても派閥などが生まれてしまい、人間関係がギスギスしてしまうものです。

しかし、個室待機であれば一人ひとりに個室が与えられているため、ほかの女性と顔を合わせることがありません。デリヘルの個室とはパーティションで区切ったもので、ネットカフェのブースを想像すると良いでしょう。

個室内にはテレビやパソコンが設置されており、そこでテレビやDVDを観たり、ネットをしたりして指名を待ちます。なかには女子大生や専門学生がアルバイトをしていることもあり、そういった女性は宿題やレポートを進めていることも珍しくありません。また、デリヘルはハードワークであることから、仮眠をとっている女性も見られます。特にダブルワークをしている女性や、深夜帯に出勤している女性は個室内で仮眠をとるケースが多いようです。

風俗で働くなら大切な待機室

日本には様々なジャンルの風俗店がありますが、なかでも最も数が多いのはデリヘルでしょう。これまでは店舗型ヘルスが主流でしたが法律によって新規オープンが難しくなっているため、開業が比較的簡単なデリヘルが急増しているのです。

デリヘルは無店舗型ヘルスのため、プレイはラブホテルやレンタルルームで行います。そのため、指名を待つ女性は待機部屋と呼ばれる、デリヘルが用意した部屋で待機をしなければなりません。もちろん、連続で指名の入る売れっ子であれば待機時間はほとんどありませんが、多くの女性は待機部屋で過ごす時間が長くなってしまいます。そのため、デリヘルを選ぶ際には待機部屋のことも考えなければなりません。

デリヘルの待機部屋は大きく二つに分けることができ、その一つが集団待機と呼ばれるものです。集団待機で使われる部屋はデリヘルのオフィスを兼ねているところが多く、1LDK程度の広さのマンションが一般的となっています。出勤しているすべての女性がそこで待機をしているため、周りの女性とコミュニケーションを取る必要があります。

もう一つは個室待機と呼ばれるシステムです。個室待機とはその名前の通り、一人ひとりに個室が用意されているものです。そのため、他の女性と顔を合わせることはほとんどありません。コミュニケーションが苦手な女性にとってありがたいシステムといえるでしょう。こちらではデリヘルの待機室について解説します。風俗求人をチェックする際は待機部屋についても確認しておきましょう。