個室待機所について

デリヘルは無店舗型ヘルスのため、指名が入るまで女性は待機部屋と呼ばれる部屋で待つことになります。そのため、どのデリヘルも待機部屋を用意していますが、現在主流となっているのは個室待機です。集団待機では大きな部屋で出勤している女性のすべてが待機しているため、どうしても周囲の女性に気を遣わなければなりません。さらに、女性の集団ではどうしても派閥などが生まれてしまい、人間関係がギスギスしてしまうものです。

しかし、個室待機であれば一人ひとりに個室が与えられているため、ほかの女性と顔を合わせることがありません。デリヘルの個室とはパーティションで区切ったもので、ネットカフェのブースを想像すると良いでしょう。

個室内にはテレビやパソコンが設置されており、そこでテレビやDVDを観たり、ネットをしたりして指名を待ちます。なかには女子大生や専門学生がアルバイトをしていることもあり、そういった女性は宿題やレポートを進めていることも珍しくありません。また、デリヘルはハードワークであることから、仮眠をとっている女性も見られます。特にダブルワークをしている女性や、深夜帯に出勤している女性は個室内で仮眠をとるケースが多いようです。